スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イソフラボン

イソフラボンと美容

イソフラボンはエストロゲンと同様の働きがあります。

エストロゲンは女性らしい体をつくるホルモンなので、このホルモンが不足してくると中性的な変化(老化)が起こります。
この意味で、イソフラボンはアンチエイジング作用があると言えます。

イソフラボン美白作用、保湿性の向上といった肌の美容効果もあると報告されています。
この意味でもアンチエイジング作用のある栄養成分なのです。

●生理不順の改善などの役割も担います。


ソイズケアの栄養

  イソフラボン85.9mg含有…骨粗しょう症、更年期障害、乳がんに有効(米国)
  美肌に良い栄養素をたくさん含みます…亜鉛、ビタミンB1、B2、B6、Eを含有。
  食物繊維5.8g 含有…血糖値の急な上昇を抑え、血管の老化を防ぎます。
     便通改善で毒物蓄積による酸化を防止します。
  カルシウム302.8mg 豊富に含有し、骨や歯の健康に働きます。
     骨粗しょう症の予防になり骨の老化を予防します。
  鉄分2.7mg 豊富に含有…赤血球を作る働きのある栄養性分です。
    によりキレイなな赤血球が身体の隅々まで酸素を運び酸化を防ぎます。
    また女性の貧血の予防になります。

 栄養素は食品から摂りましょう。

 【大豆専科】のソイズケアでアンチエイジング。
a

スポンサーサイト

                  糖尿病は増加の一途
koutousyou

昭和20年代は数百人だったのですが、現在は表の1870万人が改められ、2200万人と報告されました。

現在の薬品治療やカロリー制限の糖尿病食が効を奏していないと言えませんか。

糖尿病とは、糖質を摂取することによるすい臓疲弊が要因で、インシュリンが出なくなったり、効かなくなり血糖値を下げる機能が無くなる病気です(細い血管が障害され、足切断、透析、目が見えなくなる)。

糖質を摂取しなければ血糖値が上がらず、すい臓を酷使することも無く、健康に生きていけるのに、どうしていつまでも糖質をエネルギー率で60%を摂るように指導しているのでしょうか。

欧米では糖質は抑えた方が良いと30%前後に改定されていると聞きます。

皆様どのように思われますでしょうか。

糖質制限とアンチエイジング

老化進行抑制


薬でできますか
サプリでできますか
運動ですか
食品ですか


アンチエイジング⇒老化の進行防止(アンチ)はできません。
しかし、進行を抑えることはできるのです。⇒スローエイジング(釜池食理論)

老化を促進するものの一つは糖質なのです。

糖質が体内で消化され分解されブドウ糖になります。ブドウ糖はネバネバしています。血管の中に一定量以上の高血糖は血管を痛めつけることになります。これが心筋梗塞や脳血管障害です。

高血糖が継続的の起こる糖尿病は毛細血管が詰まり腐ってきます。これが糖尿病の合併症です。

目の網膜に来れば失明。心臓の毛細血管が障害を受けると透析が始まります。脚の毛細血管が詰まれば栄養が行かなくなり、腐食してきます。足の切断です。

以上のように血管に障害を与えたり詰まったりするのはブドウ糖が要因なのです。

 

対策糖質を制限すれば血管の閉塞が起こらず、隅々まで栄養成分が巡っていきます。肌に栄養が生き届くようになりますので、みずみずしい肌を回復できます。これでアンチエイジングの準備ができました。

注意:これでお分かりですね。糖質制限をして血管をきれいにする。でも血管をきれいにするだけでは、アンチエイジングにはまだ不足です。栄養成分が無いと血管がきれいになっただけでは肌はきれいになりません。ですので糖質以外の蛋白質や脂質で必要カロリー分摂取する必要があるのです。栄養の無いこんにゃくや、フスマパンでは不十分ということになりますよね。

栄養成分の摂取:もっとほかの肌の栄養成分(ビタミンB1、B6、E、亜鉛や銅)が必要です。

毛髪にも栄養が生き届きます。目にも、脳にも・・・頭がすっきりしてくるのはこのためです。

血圧が安定します。血管の中がきれいになりますので高血圧は改善されます。体温も上昇します。

イソフラボンも女性ホルモン様作用があり女性らしさを保つ栄養成分です。

これらをサプリで補うことは必要ありません。大豆の中にたくさん含まれています。

栄養成分は濃厚凝縮したものを飲むのでなく、食べるのです。

大豆専科は大豆の主食副食お菓子やスイーツまで完成しました。

脂肪吸収ドリンク

   脂肪吸収抑制ドリンクは必要なのでしょうか 

脂肪の吸収を抑えるドリンクを飲みながらの食事で、ダイエットができる・・・とありますが、本当に正しいのでしょうか

理由
1.米国の30年間の追跡調査では、国民の脂肪摂取量を抑えるように指導した結果、国民の脂肪摂取量は減ったのに、肥満は30年前と比べて倍以上増加しています。⇒脂肪は肥満の原因ではないのですよ

2.必須脂肪酸というものがあります。
「オメガ-3」と「オメガ-6」の2種類の脂肪酸は体内では造れず、絶対に食物から摂る必要があるのです。
脂肪の中にあるヒトに無くてはならない栄養素で、体の細胞膜やホルモンをつくる原料で、身体全ての機能に関係する、体に不可欠なものです。⇒脂肪を食べないとヒトは生きていけないのですよ。

3.脂肪は、人が必要とする以上の量を食べ過ぎることがないように、生体機能が備わっています。(例えば、寿司屋で「トロの刺身」を食べていると、“もう、食べたくない”という気持ちになりますね。)栄養分を吸収するという生体機能に対する抑制には危険性は無いのでしょうか。


4.私自身の食体験では、糖質の摂取を抑え、肉や魚(脂肪がいっぱい)、大豆蛋白の詰まったパンやクッキーを毎日、満腹まで食べた結果、体脂肪断面積は120から66になりましたし、体脂肪量が16.9から9.7kgになりました。

脂肪が減った分だけの体重7kgが落ちました。⇒脂肪を毎日たくさん食べても体脂肪が落ちました。

以上4つの理由から 脂肪吸収抑制ドリンクの必要性の根拠が見つかりません。

テーマ : ダイエット ダイエット ダイエット
ジャンル : ヘルス・ダイエット

ダイエットのリバウンド(ドリンク物)

ドリンクダイエットがストレスな理由

 
人類は動物食べて噛んで生きています

があり消化器があり分泌液などが食べた物の栄養分を吸収しようと働くのです。

飲むだけ食品は、の役割は不要ですね。

噛む、というヒトの機能が不要になるのです。⇒不満足感

に入っても細かく砕く必要がないですね。⇒胃が満足感を感じない。

水分では物理的な満腹感も無いですね。⇒不満足。

の役割も少なくなりますね。⇒働く必要がないので不満。

栄養が少ない物は分泌液も少量でいいですね。⇒働きたいなあ!と不満。

以上、ヒトの臓器の機能が阻害される食べ物はいろんな不満感が出ます。
ここにストレスが働きます。(ストレスは老化の促進因子

我慢できなくなり一気に食べてしまうことになれば、結局リバウンドになります。

●ダイエットにとって大事なことは、

食べる食品噛む食品栄養のある食品であることが大切なのです。

【大豆専科】には大豆の栄養がそのまま含まれた

  大豆100%のパスタ麺パンクッキーがありますよ。

  ロールケーキなどの各種スイーツもまもなく発売ですよ。HPをどうぞ

  食べて満足し、体脂肪が燃焼、痩身に向かいますよ。

高血糖・低血糖

糖質を摂取するから高血糖⇒低血糖になります

   高血糖になるからすい臓からインシュリンがドッと出ます。     

   低血糖になるとイライラ・キレる・怒りっぽくなります


w 

図は、パン(糖質)を食べた時の血管の中の変化を表しています。

…正常血糖値・・・血管の中のブドウ糖濃度が正常範囲で推移しています。

…パンを食べて血糖値が上昇⇒ 血管に障害が出る⇒ インシュリンが追加分泌される⇒ インシュリンは血糖値を下げる役割をする<①エネルギーとして使うように司令する。②使い切れなかったブドウ糖を脂肪組織に蓄えるように司令する>⇒ 血糖値が下がりました。

…大量なインシュリンが出るため血管内のブドウ糖濃度が薄くなりすぎる⇒ 低血糖⇒ 脳は生命の危険を察知する⇒ 血糖値を上げる様司令する⇒ 激しい空腹感⇒ イライラする⇒ 食べる⇒血糖値が上昇   これを繰り返す。

結論:糖質を摂ることにより肥満になる。

    糖質を摂ることによりすい臓が酷使され機能障害が起こる(インシュリンが出ないなど)これが糖尿病です。
  

まとめ糖質を摂らなければ高血糖にも低血糖にもなりません。

      ゆえに肥満にならず糖尿病にもなりにくいのです。

    以上が糖質制限の意義なのですよ。


大豆専科(セーフテック社)は低糖質&高蛋白食品のメーカーです。

ブドウ糖は血管をぼろぼろにする(糖質制限の背景)

       糖質制限食理論の対話

指導士:糖質を食べると血管の中にブドウ糖が増えます。濃度化上昇するということです。高血糖ということです。インシュリンが放出され血糖値を下げます。

質問者:何故インシュリンが出てきて血糖値を下げるのですか。

指導士:血管内のブドウ糖濃度が上昇すると、血管が傷つきぼろぼろになるのです。
   だから高血糖は怖いのです。インシュリンが出なくなると高血糖のままになりますし、
尿からブド  ウ糖が漏れてきます。(糖尿病)
すると高血糖のままですので血管がやられます。特に毛細血管が早くやられます。


質問者:どこの血管がやられるのですか。

指導士;目の毛細血管がやられ目が見えなくなります。腎臓の毛細血管がやられて腎透析をいける子になります。脳の血管がやられたら認知症です。足の毛細血管がやられ足が腐ってきます⇒切断です。

ですからインシュリンの注射を勧められますが、インシュリンを打つとますます膵臓からのインシュリンが出なくなるのです。進行していきます。生活が不自由になります。

●どうしたらいいのでしょう。このブログに何度も書きました。

糖質を摂る量を抑えるのです(糖質制限)。

重症の方は一食当たり10グラムとか20グラムです。計算しながら食生活ができるのです。

その上大事なことは、糖質を抑える分だけの蛋白質や脂質を取る必要があります

そうしなければエネルギー不足で筋肉が委縮して老化が早まりますし、ひとりで歩けなくなる危険性もあります。

だから、蛋白質や脂質のないフスマパンやこんにゃく麺の主食は避けましょう。
糖質が低く蛋白質や脂質のしっかり含まれている食品が良いのです。(糖質制限&高蛋白食)

ここで糖質を摂らないとエネルギーが不足するのではという質問が出てきますね。

⇒大丈夫です。必要なブドウ糖は蛋白質や脂質から合成されます。

また、エネルギー源は本来は脂質なのです。(ブドウ糖は1gで4kalのエネルギーが産生されます。脂肪酸は1gで9kcalのエネルギーが産生されます)

脳のエネルギーも脂肪酸が分解したケトン体なのです。

脳のエネルギーはブドウ糖だけというのは今や間違いになっています。(糖質制限しても大丈夫なのです)

 

カロリー制限

  女性は平均一日2000カロリーを必要とします。
               寝たきりの場合は1200カロリー
      これ以下のカロリーで生活すると どうなるでしょうか?

■カロリー制限ダイエットの行方

活動している女性が2000カロリーを下回った食事をした場合、歩いたり、食べたり、話をしたりするカロリーが不足します。
⇒カロリー不足を補わないといけません。
⇒自分の筋肉(蛋白質)を分解してエネルギーを補います(蛋白質1g=4kcal)        
       
⇒カロリーを制限でこんにゃく麺を主食にして、たとえば一日1500カロリーしか摂らなかったとした場合、500カロリーが不足になります。

⇒500÷4=125となり、一日125gの筋肉が減少することになります。
⇒10日続けますと1250gの減少(筋肉萎縮)になります。
⇒体重計を図ると1.25kg減量しています。
⇒ダイエット成功!と喜ぶことになりますね


しかし、大切な筋肉量が減って骨を支える力が落ちます。
⇒体重が直接骨に負担をかけることになります。
⇒年月がたつと膝や腰が人より早く痛みを感じるようになることになります。
早く老人になってしまします。

もっと、悪いことに、カロリーの制限により我慢の限界が来て、一度に食べてしまいますと、今度は食べ過ぎ(2000カロリー以上食べた場合)により、過剰分が脂肪として蓄えられることになります。
⇒例えば2500カロリーを10日食べたとします。
⇒500÷4=125となり、10日分の1250g
=1.25kgの脂肪が増加します。
⇒体重は元に帰ります。

違うのです。以前の筋肉が1.25kg元に帰るのではなく、脂肪が増えるのです。 単なるリバウンドではないのです。(周りの体験者を見てみましょう)

結論筋肉1.25kgが脂肪1.25kgに置き換わり、体重は変化無いのです。
脂肪の多い体に変化します。筋肉量が減った分、体重は同じでも骨にかかる負担は1.25kg増えました。老化が早まるのです。
 

体脂肪は非常時のエネルギーとして保存され続けるのです。

■どうすれば、避けられるでしょう

 
 1.カロリー制限は避けましょう。
 2.糖質制限を勧めるわけはここにあります。
 3.大豆100%で蛋白質豊富で糖質が低い、麺類・パン類・菓子類・ご飯風のもの・マヨネ・ドリンク・粉・スイーツ・ロールケーキ・マフィン・・・何でもできるようになりました。

 大豆専科:http://www.safe-tech.co.jp/ にご相談を

飲むダイエットのリバウンド

       リバウンドにより脂肪ばかりの体になります

●ダイエットで一食を飲む食品に置き換えるものは、食べたという感覚が得られません。
満腹感が得られないですね。食べたい気持ちを我慢することになります。
辛いものです。だから、いつか、我慢できずに大量に食べてしまいます。


●女性は一日2000kcalは必要なのに、飲むダイエット食品はカロリーが抑えてあります。
ですので必要カロリーを得るために、自分の筋肉をカロリーに変えて、不足分を補うのです

●自分の脂肪はすぐには使わない仕組みになっています。
 脂肪はいわば貯金エネルギーです。飢餓状態の時に使われるようしっかり保存されている仕組みになっているのです。


以上でお分かりですね

●飲むダイエット食品でカロリーを制限して、我慢して、体重計を図ると、体重は減っていますよね。
これは筋肉の委縮による体重減です。脂肪は落ちていません。


●この状態で、お腹が空いて我慢できずにいっぱい食べたとします。
 すると食べすぎで、脂肪が付きます。    太ります。

 ということは、脂肪は減らずに筋肉量が減ったところに、また脂肪が付くということになります。

まとめリバウンドにより以前よりも脂肪ばかりの体になるのです。

骨に負担がかかることになり、怖いことです。気をつけましょう。

糖質制限(釜池先生)   ■糖質含有比較

食品によって糖質量が違います。
糖質が肥満の原因・糖尿病の原因と分かりました。
それは、糖質を食べなければ血糖値が上昇しないからなのです。

tositugannyu
糖尿病とは

① インシュリンが出る量が少ない(膵臓機能の疲弊)
② インシュリンが出るけどインシュリンのいうことを聞かない(インシュリン抵抗性)
だから、糖質を処理することができないで、尿の中にブドウ糖が出るのです。(糖尿病)


治療として
①はまず内服薬を与えます。そのうち効かなくなります。
するとインシュリン注射を勧められます。
困難なコントロールをしながら生活をすることになります。病気は進行していきます。

②は膵臓の機能はあるのにインシュリンに対して各組織が抵抗してインシュリン効果でないのです。ですから、もっとインシュリンを与えるべくインシュリンの高単位の注射を勧められます。
困難なコントロールを繰り返し生活します。進行して合併症が出てきて死にいたります。


これが今の治療法です

何か変ですよね。毒を食べて解毒剤を飲んでいるようなイメージですよね。


解決方法があります
●糖質を食べるから血糖値が上がるのです。
血糖値を上げない食べ物ですと血糖値は上がらないのです。インシュリンは不要になります。(釜池食理論)

●糖質の低いものを食べれば食後の高血糖は起こりません。
低糖質の食材でこんにゃくやフスマは食べて血糖値は上がりませんが、栄養も無いので食べ物として意味はないのです。
糖質が少なくてそれ以外の栄養成分が多く含まれていることが大切なのです。

 蛋白質や脂質、ビタミン、ミネラルなどの栄養が豊富で糖質が少ないものがあれば、血糖値は上が りませんし、健康的に生活できるのです

  大豆全粒粉の「ビゴーレ」で大豆麺・ビゴーレ大豆ごはん・大豆全粒パン・・・たくさんの食品が開発されました。

まとめ糖質を食べなければ血糖値は上がりません。ですので下げる必要もないのです

糖質制限のパン完成

2


限のパンができました。
小麦粉は糖質含有量が多く血糖値を大きく上昇させます。
恒常的な食により、すい臓が疲弊しインスリンが出なくなるなど、糖尿病の発症要因です。

今、血糖値を上げない体に優しい食品が求められています。

このパンは糖質含有量が50%カットされています。
原料に大豆の粉「ビゴーレ」を配合してあります。

ビゴーレは糖質が低く食物繊維が豊富のため、食後血糖値を上昇させません。

このビゴーレを配合することにより、栄養豊富という特徴と血糖値を上げにくいという二つの特徴をもったパンなのです。

杉並の石窯パンの作品です。

次々と新しいパンが発売されますので楽しみです。

糖質制限ご飯 2009年元旦料理

糖質制限&高蛋白質のビゴーレごはん
1
新年おめでとうございます。 本年もよろしくお願い申し上げます

恒常的な糖質摂取が糖尿病の発症の要因と分かりました。

主食として常食してきた米や麦などのご飯やパンそしてパスタ類が糖尿病をはじめとする生活習慣病の原因と言われています。
また、糖質とは砂糖などの甘いものも含まれます。
いわゆるおいしいものとはほとんどが砂糖などの糖質が含まれているのです。

その、常食となる主食に、糖質を除いたものがあれば大変助かります。
それが開発されました。

国産大豆を皮ごと粉にした「ビゴーレ」を原料にして作った食品群です。

特徴
①糖質は少なく、食物繊維が豊富なため、「ビゴーレ麺」を食べても血糖値は変動しませんでした(インシュリン注射初期の患者で、糖質制限に切り替えた方)。

②糖質が少なくてその他の栄養もない>“こんにゃく”や“フスマ”を主食として食べるのは、栄養のあるものを食べる動物本来の姿から逸脱しています。

③その点、「ビゴーレは」豊富な良質蛋白質が豊富に含まれています。

④その上、ビタミンやミネラルそしてイソフラボンなどたくさんの栄養成分が含まれていますので、主食とするには大変優れた素材ということで今注目されています。

プロフィール

enjicom

Author:enjicom
食品は人を健康にも不健康にもします。

健康をサポートします。


ソーシャルネットワーク



最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。