スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

皮膚や肌の栄養成分 抗酸化作用

i 002 ←クリックで拡大します。

パンや麺類の主食の原料小麦粉と新素材の大豆全粒粉「ビゴーレ」抗酸化作用のある栄養成分の含有量を比較しました

大豆の中にはたくさんの栄養成分が含まれているということは、よく知られていますが、グラフで見るとよく分かりますね。
小麦粉由来のパンや麺だけでは、肌に対する栄養は無いのです。そして、今は小麦粉の中にある主成分の「糖質」が血管を酸化させ老化に導くとの発表がなされています。

理由は、糖質を食べると血糖値が上がり血管を傷付け老化を引き起こします。これを防ぐためにインシュリンが出てきて血糖値を下げるのです。

ビタミンEの主な作用は、抗酸化作用といわれ、体内で暴れ者を捕まえて、サビができることを防ぐ働きです。

毛細血管の血行を順調にする働きがあるため、ビタミンEが欠乏すると血行障害が起こりやすくなり、肩こりや頭痛、しもやけ、冷え性などの原因となります。また、ホルモンバランスが崩れる時期に発生する更年期障害を悪化させる場合もあります。

また、過酸化脂質がたんぱく質と結合し老化色素を作り出しますので、ビタミンEが不足すると、老化を早めてしまうという危険性もあります。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

プロフィール

enjicom

Author:enjicom
食品は人を健康にも不健康にもします。

健康をサポートします。


ソーシャルネットワーク



最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。